リサイクルショップ情報

モノココの店舗について比較まとめました

今年(H27)の6月に、モノココ円山店が出来き毎日モノココ両店舗からお互いの店舗の住所を聞かれますので、当ブログのページにも住所やアクセス、地図、営業時間をまとめてみました。

>>モノココ店舗情報はコチラから

どちらの店舗に行こうかと迷っていただいているお客様の為にも、一社員の目線からの両店舗の特徴を書きますね。あくまで開店したての平成27年7月の現時点の私感です。

 
厚別店 円山店
広さ 200坪(6月から増床) 300坪(1階2階含め)
価格 平均的に安い 新人スタッフが多いので価格的に掘り出し物が多い
品揃え びっちりと物がありワクワク感。

6月から通路の反対側の店舗も賃貸して増床しモノココアウトレットコーナーの新設。

密集感はまだ厚別店に叶わず。広い分商品量はあるがまだまだワクワク感が無い。日々成長中
買取 的確で早い まだ時間がかかり気味
スタッフ 女性比率が高い 新人の若い男性社員が多い

そのうちタイのチェンマイ店との比較も書いてみたいですね。

両店をあえて比較してみましたが、いち社員のこの評価でどちらかの店舗に行くのではなく贅沢な願いですが、私達社員の愛する両店舗を訪れていただければ幸いです。

札幌市中心部にリサイクルショップ[モノココ円山店]が出来ました!

shopimage01-s

shopimage01-s

モノココ厚別店に札幌市内の頼もしい姉妹店OPENです!

場所は札幌市中央区北円山地区。なんと大型店であるモノココ厚別店の2倍の大きさ!

今度は路面店で建物は三階建ですが、一階と二階がモノココ円山店になっています。

一階:雑貨、アクセサリー、衣類、食器、和装着物

二階:家具、家電電化製品、オフィス家具、レトロ

—————

リサイクルショップモノココ円山店

〒060-0006  札幌市中央区北6条西23丁目1-14

地下鉄東西線/西28丁目 歩8分 JR函館本線/桑園 歩10分 地下鉄東西線/二十四軒 歩18分

http://mono-coco.com/maruyama/

/電話:011-795-2738

/駐車場:10台

/営業時間: ・6月5日までは10~19時 ・6月6日より10~21時(予定)

/免許情報:  ・古物商北海道公安委員会 第102390001148  ・家電リサイクル券システム取扱店